世界遺産マチュピチュの隠された真実

世界遺産マチュピチュ遺跡は、現地語で意味は「老いた峰」という意味をもっています。
古代時代のインカの遺跡である。
ペルーのウルバンバ谷に沿う高い山の尾根に位置し、スペイン軍の占領にあわなく残っていた理由は、他の人から見つからないように実は山の下からはその存在を確認できないようなつくりになっているのです。

このマチュピチュの魅力はなんといっても未だに解明されていない多くの謎があることと、天空の都市といわれるほどの神秘の景色でしょう。

マチュピチュを発見したのは、イェール大学の歴史家であるハイラム・ビンガム氏で1911年7月24日、この地域の古いインカの道路を探検していた時、山の上に遺跡を発見したのです。

遺跡には大きな宮殿や寺院が王宮の周囲にあり、そこでの生活を支える職員の住居もあります。

マチュピチュには最大でも一時に約750名の住民しかいなかったと推定され、雨季や王族が不在の時の住民は、ほんの一握りであったと推定されています。

ほんとになぞの多い太陽神殿。
それがマチュピチュです。
275px-Before_Machu_Picchu.jpg


| 旅行